「Tweetily」で過去記事をツイートすると”警告:このリンクは安全ではない可能性があります”と表示された場合の対処法

 
スクリーンショット 2015-05-10 22.54.29

裏ガジェでは過去記事をTwitterでツイートする際、Wordpressプラグイン「Tweetily」を利用し3時間おきに自動ツイートを行っている。
一度設定してしまえば、後は指定したカテゴリーから自動でツイートしてくれるため大変重宝していたのだが、ある時からTwitterからのアクセスが激減し困惑してしまった。

そんな時、@hikachan0804氏より以下のような引用ツイートを受け取り原因を発見することができた。

短縮URLを踏んでみると見事にアクセス警告画面が表示されるではないか。

スクリーンショット 2015-05-10 22.43.44

そこで早速、管理画面より「Tweetily」の設定画面を開き「Use URL shortner?」をオフに。これをオフにすることにより短縮URLサービスを解除することができるため警告画面へと転送されることはなくなるはずだ。スクリーンショット 2015-05-10 22.31.04

今回、短縮URLサービスが規制されている原因として考えられるのがスパムサイトやアフィリエトサイトへの流入の原因になっていたからだと考えられる。これまで、Twitterの短縮URLサービスの規制はDM(ダイレクトメール)だけだっただけに少々驚いているが、無事アクセスが可能となったのでよしとする。

この記事が同じ状況に陥った方の為少しでもなれば幸いだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA