32TBもの「Windows 10」のソースコードがアップローダー上に流出。非公開のソフトウェアツールなども含まれる

windows10

Microsoftが開発するオペレーティングシステム「Windows 10」に関する32TBものソースコードがインターネット上に流出しているとThe Registerが報じ、明らかとなった。

「Windows 10」や「Windows Server 2016」のデータが流出対象

windows10_Sourcecode_leaked

流出したデータファイルは、公式、非公式のインストールイメージやソフトウェア設計書が含まれたShared Source Kitとのこと。ソースコードには、以下のようなファイルが含まれていたようだ。

  • WIndows 10用のハードウェアドライバやPnPコード
  • USB・Wi-Fiスタック
  • ストレージドライバー
  • ARM用のOneCoreカーネルコード

またこれらのファイルのほか、ポータブルデバイス等でOSを動作させるために欠かすことのできない「MicrosoftのWindows 10 Mobile Adaptation Kit」なども含まれていたとのこと。同ファイルは、今年3月頃にMicrosoftの社内サーバーから流出したとみられており圧縮前で32TB、圧縮した後でも8TBと膨大なサイズとなっている。

これらの流出データは、BetaArchiveにアップロードされていたものの現在は削除の段階に入っているとのことで近いうちにも全ファイルの削除が完了するものとみられている。しかしながら、アップローダー先からファイルの削除が完了したとしても不特定多数のユーザーがダウンロードしたしているだけに再度アップロードされる可能性も十分に考えられる。

なお、2004年にはWindows 2000のソースコードが流出したこともあるが、今回の流出はその際よりも大規模な流出となっているだけにMicrosoftの早急な対応が必要となってくることは言うまでも無いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA