マイクロソフト、海賊版に対しても正規版Windows 10への無償アップデートの対象へ

 
China-Windows-8

Microsoftは海賊版を用いているユーザーに対しても、正規版「Windows 10」への無償アップデートの対象とする方針であることを発表した。

今回、Microsoftがこのような対応方針を出した理由としてあげられているのが、中国という巨大市場の存在である。
中国ユーザーのうち75%が海賊版Windowsを使用しているとも言われており、国の中枢機関でもそのようなことが行われているとも言われている。
それらの海賊版を無償で「Windows 10」にアップデートさせることにより正規版Windowsのシェア率を上げる狙いが有るとのこと。


Windows 10のライセンス料については「Office」などのMicrosoftが提供するサービス料で穴埋めをすることが狙いとのこと。

個人的には、海賊版を利用するようなユーザーがOffice等の有料サービスを利用するとは考えにくい。今回のMicrosoftの決断が吉と出るのか凶と出るのか気になるところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA