ピックアップ記事

【朗報】「てるみくらぶ」で内定取り消しとなった学生全員を受け入れる企業現る

公式HPのスクリーンショット

格安航空会社「てるみくらぶ」は資金繰りが悪化したとし、3月27日に破産を申請し、東京地裁から破綻手続きの開始決定を受けたと発表した。

旅行業界では過去4番目の大型破産であるだけにその影響は計り知れず、影響を受ける旅行者はおよそ9万人にも上るとされている。そんなさなか、旅行者以外にも影響を受けているのが17卒の内定者だ。

社員80名に対し今年4月に入社予定だった新入社員はなんと50名。これら50名はなんと破綻を理由に内定取り消しの通告を受ける自体に。これに対し、救いの手をさしのべたのが「財団法人 宿泊施設活性化機構」だ。

選考等は一切無し、希望すれば対象は即内定

今回の1件を受けて、内定者達に救いの手をさしのべたのは「財団法人 宿泊施設活性化機構」。コメント欄を確認したところ、条件に該当する方であれば無試験無面接で採用するとのこと。受付は3月31日23:59までとのことなので、知り合いに対象者の方がいる場合には是非、シェアして頂けると有り難い。

なお、今回の破産で被害を受けた申込件数は36000件、最大で99億円の負債にも上るとのことで今後どのような対応を行っていくのか見守っていきたい。







話題のコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA