シャープ再建計画、鴻海とシャープは交渉期限は設定しないとコメント

 

経営再建中であるシャープは日本の大手電機メーカーとして初の外国資本下に入る可能性があることから国内外から注目を集めているが、将来債務となる可能性のある「偶発債務」の存在を締結間際に明らかとし、この件に伴い正式な契約は延期となった。

この延期に対し一部報道では期間が設定されてると報じられているが、シャープと鴻海の両者はこれを否定し、期限を設けていないことを明らかとした。

交渉は長期化か

シャープは25日の臨時取締役会で、鴻海傘下に入ることを正式に発表したが、その前日に偶発債務の存在を明らかとし正式な契約は債務の精査後へと延期された。

ただ、今回の件に関し期限は設けられていないとのことで長期化も視野に入れた交渉が行われているものと思われる。シャープが鴻海の傘下となれば、日本の大手電機メーカーとしては初の外国資本下となることもあり、その行く先が注目されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA