「クロネコメール便」廃止に伴い4月1日開始となる代替サービス「クロネコDM便」とは

 

kuromeko-dm-bin全国一律82円という低価格から発送を委託することができ雑誌やCD等の発送に利用されてきた「クロネコメール便」。
そんなクロネコメール便だが、郵便で送付することは認められる「信書」をメール便で送付すると罪に問われ罰せられるなどの、信書を巡る問題を理由としヤマト運輸は同サービスを今年3月末で撤廃することを決めた。

それに伴いヤマト運輸では、4月1日より新サービス「クロネコDM便」のサービスを展開することを発表した。

「クロネコDM便」のサービス内容

料金

kuroneko-dm-bin-1「クロネコDM便」の料金は郵便の代替としての利用をふせぐため定価は設けないとのこと。
数量及び発送先などに仕分けるなど、出荷形態に応じ、利用者ごとに決める方式とのことだ。料金は上限164円とクロネコメール便の上限額と同じとなっている。

取り扱い可能な大きさ・重さ

kuroneko-dm-bin-2大きさは3辺計60cmまで、最長辺34cm、厚さ2cmまでとなっており、重さは1kgまで可能となっている。

取り扱いできないもの

kuroneko-dm-bin-3取り扱い不可のものは、請求書・納品書などの信書、オークション落札物、再発行のできないもの、現金、危険物等となっている。

なお、「クロネコDM便」はヤマト運輸と契約した法人・各種団体・個人事業主向けのカタログやパンフレットといった販促物を発送するサービスであり、個人向けのサービスではない。
個人向けのサービスについても近々開始予定とのことで、近々発表されるはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA