ピックアップ記事

ユニバーサルサービス料、7月利用分から3円に値上げへ

NTTドコモ、KDDI、SoftBankの大手3社は4月21日、ユニバーサルサービス料を現在の月額2円から3円へと引き上げると発表した。7月利用分から適応される。

ユニバーサルサービス料は110番や公衆電話の運用資金に

ユニバーサルサービス料は、NTT東西の固定電話や緊急通報などを提供する際に必要な費用の一部を通信事業者全体で負担するよう電気通信事業者法で定められた制度で2006年から導入されている。MVNO(格安SIM)など直接の負担対象となっていない電話会社についても、対象の電話会社から携帯電話番号を付与される場合には電話番号提供者に対して料金を支払う必要がある。

現在、以下のサービスがユニバーサルサービスとして指定されている。

  • 加入電話(加入電話に相当する光IP電話も含む)
  • 第一種公衆電話(総務省が定める基準に従って設置する公衆電話)
  • 緊急通報(110番、118番、119番)

金額は半年に1度改定されており、2017年1月から6月利用分におていは月額2円であった。なお、2016年のNTT東西によるユニバーサルサービス料の徴収額は約69億円にものぼっている。



話題のコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA