RSSリーダー「livedoor Reader」サービス終了を撤回 継続検討へ

 

IMG_1077.JPG
株式会社LINEは10月15日、12月25日をもってサービス終了の予告をしていたRSSリーダー「livedoor Reader」のサービス終了を撤回した。

株式会社LINEによると、

「みなさまのご要望を受けこれを撤回し、サービス継続の道を検討中です」

とのこと。継続の詳細は決まり次第、ブログで発表するとしている。

「Google Reader」が2013年7月にサービスを終了してから利用するユーザーが増えたサービスなだけにサービス終了の知らせに多くの人が困惑しただろう。
代替サービスとして「Feedly」に移行しようとしたユーザーも多数いたようだが、livedoor Readerよりも設定が分かりづらいといった声もあり、サービス終了の撤回をしたのではないだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA