「Wikileaks」、NSAが日本内閣及び各省庁、大手企業を盗聴していたとする内部文章を公開

 
Target Tokyo

アメリカ国家安全保障局(NSA)に日本の内閣及び各省庁、更には三菱や三井といった大手企業が数年間にわたって盗聴されていたことが内部告発情報サイト「Wikileaks」の暴露によって明らかとなった。

第一次安倍政権や菅官房長官などが標的に

Wikileaksが公開したプレリリースによるとNSAの標的となったリストには、2006年9月26日に発足して2007年8月27日まで続いた第一次安倍政権や日本銀行などの組織には止まらず、菅官房長官、更には三菱などの日本企業を含む35件のトップシークレットが含まれている。

アメリカ側は貿易摩擦や技術開発計画、G8環境大臣会合に関する提案、世界貿易機関(WTO)米国通商代表部(USTR)との交渉に関連する問題を解決するなどの思惑から盗聴を敢行したとしている。これらの情報を、どこまでアメリカ側に提供するか懸念を示していた日本政府だが結果として全て筒抜けとなってしまっている。

「ファイブ・アイズ」内で盗聴内容の共有

これらの盗聴内容はアメリカ国内だけではなく、UKUSA協定「ファイブ・アイズ」の枠組みの中で共有されていたとのことで、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドにも筒抜けであったことになる。

また、2007年にブッシュ米大統領と会談した上で示された「安倍イニシアチブ」に関するレポートも含まれており、気象変動問題に関してもアメリカ側が注目を示していることが伺える。

なお、盗聴内容以外にも標的となったリスト項目には通信識別子として傍受された電話番号なども記載されている。機密情報が、これ程まで簡単に諸外国に漏れてしまったことは情報戦略的にも日本が未だ乏しいことが伺える結果となったと言えるだろう。

Source:Wikileaks

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA