「ソフトバンク⇄ワイモバイル」「au⇄UQ Mobile」などの同回線MVO、SIMロック解除が不要に

 
docomo_au_softbank

総務省が大手携帯会社から格安スマートフォンへの切り替えを容易にする取り組みの一環として、同回線でのMVONOであればSIMロック解除不要で可能になるようだと日本経済新聞が報じている。

これにより大手3キャリアが横並びに

これまで、ドコモであれば同社回線を利用するMVNOへ乗り換える場合に限りSIMロック解除をせずとも利用することが可能であった。今回の報道では、従来では手間の掛かっていたソフトバンクからワイモバイル、auからUQ Mobileといったようにソフトバンクとauでも同様の措置が執られるように変更される。

従来よりSIMロック制限がかけられていた要因としては、大手キャリアから端末の分割支払いを終えないまま持ち逃げされないための予防策であった。しかしながら、同じ回線を利用しているMVNOであれば債務が残っている端末を特定し利用停止措置を執ることが可能であることから総務省が問題ないと判断し、今回のような動きが加速したとのこと。

家庭の家計を圧迫しているともされている携帯電話料金を引き下げようとしている総務省が、今後どのような措置を実施していくのか動向に注目していきたいとともに、ユーザーにも配慮した施策をとっていって欲しいと切に願うばかりである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA