2018年前半にも5G対応デバイスが誕生か!?Qualcommが新モデムを発表

 
qualcomm

4Gの10倍になると言われている5G(第5世代モバイル通信システム)が2018年前半にも実用化され商品化される可能性が浮上してきた。

なんと、Qualcommが5Gモデムに対応した「Snapdragon X50」を発表したのだ。

5Gモデム「Snapdragon X50」が発表

香港にて現地時間10月17日から19日までQualcomm主催の「Qualcomm 4G/5G Summit」が開催されている。そのイベントにおいて、Qualcommが同社初である5Gモデム「Snapdragon X50」を発表し下り速度が最大5Gbpsになることを明らかにした。

現行規格である4Gでさえ最高速度が1Gbpsであることを考えると、5Gでいかに高速化が図れているかが分かるはずだ。5Gの実用化に向けては、Verizonを実験を行っており2015年11月時点では28GHzの周波数帯にまで対応済みであるとのこと。

このように実験や製品化が推し進められた一方で、5G規格の策定作業は未だ初期段階であるともされていることから実際の商用化には2020年になるのではといった説まである状況だ。2020年には東京オリンピックを控えていることから日本も国をあげて5Gの商用化に向けて力を入れている。

なお、QualcommはSnapdragon X50モデムを搭載したデバイスを2018年前半にもリリースされる見通しである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA