SONY、iOSおよびAndroid向けにプレイステーションの人気タイトルゲームをリリースへ

 
iphone_playstation

ソニーでゲーム事業を担当しているソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、2018年3月末をめどにiOSおよびAndroid向けのスマートフォンゲームアプリを5本以上リリースする予定であることを明らかにした。

版権を持つゲームタイトルを題材に今年4月に設立したスマホゲーム会社「ForwardWorks」を中心に開発、配信の準備を進めているとのこと。

任天堂の「スーパーマリオラン」に追従か

日本経済新聞によれば、プレイステーション向けに販売してきた人気タイトルをスマホ向けに最適化するほか、家庭用ゲーム機と連携するシステムの導入を検討しているとのこと。

SIEがこれまでプレイステーションで提供してきた代表タイトルには、「サルゲッチュ」「どこでもいっしょ」「グランツーリスモ」などがある。現時点では、リリースされるタイトルは明かされていないものの以下代表的なタイトルの中からリリースされる可能性があると考えられる。

  • アークザラッドシリーズ
  • ワイプアウトシリーズ
  • クラッシュ・バンディクーシリーズ
  • ポポロクロイス物語シリーズ
  • ワイルドアームズシリーズ
  • Formula Oneシリーズ
  • グランツーリスモシリーズ
  • みんなのGOLFシリーズ
  • XI[sai](サイ)シリーズ
  • サルゲッチュシリーズ
  • どこでもいっしょシリーズ

任天堂がスマホ向けゲームへの参入を公表したのは、2015年3月17日であるのに対しSIEが公表したのは2016年3月24日と1年ほど遅れてのスタートとなった。今年7月にNianticよりリリースされた「ポケモンGO」はAR技術と位置情報サービスを統合した新たな仕組みとポケモンのコンテンツ力の高さから大ヒットととなった。

今年12月には「スーパーマリオラン」のリリースが控えられており、事前通知予約者は2000万人を突破することが明らかになるほど大ヒットすることは間違いないはず。ゲーム市場大手である任天堂がスマホゲーム市場に乗り出した以上、ソニーが対抗してくるのは必然なのかもしれない。

なお、SIEは日本でリリースした後にアジア各国に配信していく見通しとのことで家庭用ゲーム機で培ってきたノウハウがどのように活かされてくるのか期待したいところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA