Samsung、Siriの生みの親「Viv Labs」を買収。2017年にもVivを導入へ

 

Viv
SamsungがSiriの生みの親であるパーソナルアシスタント企業「Viv Labs」を買収したことを明らかにした。買収額などは現時点では公開されていない。

Viv LabsはSiriの生みの親

Viv Labsは、Siriの開発に携わっていたダグ・キットラウス氏、アダム・チェイヤー氏、クリス・ブリガム氏などで構成されている。Vivがいかに優れたパーソナルアシスタントであるかは以前の記事でもお伝えしたが、2015年9月時点で約50の企業と提携し、Viv単体でUberを呼び出したり、花の注文まで行えるそう。

今年5月に行われたデモンストレーションでは、「明後日17時以降のゴールデンゲートブリッジの暖かさは華氏70度以上になる?」など推論から結論づける必要のある質問に対しても、さくっと解答してしまうなど、注目が集まっている。

なお、Samsungは同技術を早ければ2017年にも同社のスマートフォンに導入する見込みであるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA