海外SIM

短期アメリカ旅行・留学にお勧め!データ通信量&通話し放題、日本で購入できるSIMカードはこれだ

海外旅行に行く際、何かと悩むのが通信事情ではないだろうか。海外Wi-Fiや現地でのSIMカード調達など様々な候補が浮かんでくる事だろう。

旅先でいつ、何時もはぐれないようなスケジューリングであれば、海外Wi-Fiをレンタルしシェアするのが最もコスパが良いわけであるが一人旅や出張、別行動を取ったりするのであれば現地で通信可能なSIMカードを用意するのがベストとなってくる。

そこで、当コンテンツではLTE通信でありながら最大30日間通信データ量無制限で発着信し放題のコスパ抜群SIMカードをご紹介していく。


LTE対応、最大30日間通信データ量無制限!発着信し放題で2,400円から

先日、アメリカの方へ行く機会があったので1ヶ月以内の短期旅行向けのデータ通信SIMカードについて調べてみたところ見つけたのが、T-Mobile回線が使える「MOST SIM」だ。

アメリカではVerizon、AT&T、Sprint、T-Mobileの4社が主要なキャリアとなっているが、その中でも最も勢いがあるキャリアが「T-Mobile」である。同SIMカードでは、アメリカ全土に加え、ハワイにも対応している。

ピンクの部分が対応エリア

詳細なエリア対応状況についてはT-Mobile公式サイトを確認して欲しい。

「MOST SIM」のスペック

対応電波 LTE/3G
デザリング可否 可(子機は3G通信)
通話/SMS 国内に限り発着信し放題
SIMサイズ 3-in-1仕様(標準/Micro/Nano対応)

「MOST SIM」のアクティベート方法

  1. SIMが手元に届いたら「MOST SIM 公式HP」にアクセス
  2. アクティベーション情報として「IMEI(SIMカードを利用するデバイスの識別番号)」と「滞在期間」を入力
  3. 連絡先として「名前」、「電話番号」、「メールアドレス」を入力
  4. 後日、MOST SIMより電話番号が記載されたメールが届いたらアクティベーション完了

「MOST SIM」の通信速度は?本当にデータ通信量無制限?

一番気になってくるのは通信速度ではないだろうか。いくらデータ通信量無制限とはいえ速度が低速では意味が無い。そこで実際に、渡航した際にSpeedtestというアプリで上り及び下りの速度を計測してきたので参考にして貰えればと思う。

こちらはラスベガス郊外での速度計測結果。ダウンロードは約66Mbps、アップロードは約16Mbpsとかなりの好成績を輩出。ストレスフリーな通信を楽しむことが出来た。

こちらはグランドキャニオン近郊での速度計測結果。ダウンロードは約15Mbps、アップロードは約5Mbpsと先ほどと比べるとかなりスピードが落ちているため実用性に乏しいと思った方も居るだろう。

しかしながら、1MbpsでYouTubeの通常画質が再生できるレベルであるため実際には相当ヘビーな使い方をしない限り申し分ないスピードとなっている。

また、日本のキャリアにありがちがなデータ通信量無制限を謳いながらも数日○GB以上の使用で速度制限といった規制は存在しないことも確認済だ。

筆者は4日間の滞在で8.58GBを使用したが通信制限がかかる等といった問題が発生することはなかった。

T-Mobile利用者限定!デルタ航空なら機内Wi-Fi使い放題

これは飛行機に搭乗するまでは気付かなかったのだが、T-Mobileユーザーに限り機内Wi-Fiを無償で制限無く利用することが可能となっている。なお、通常であれば1時間の利用で$6.95のプランなどに登録する必要がある。

「MOST SIM」はこんな人にオススメ!

ここまでMOST SIMの魅力について語ってきたが結局どんな人にお勧めなのか? 個人的に思いついたパターンは次の通り。

こんな人にオススメ
  • デルタ航空でアメリカに行く人
  • 日本で事前にSIMカードを購入したい人
  • 短期(1週間〜1ヶ月)で旅行&留学に行く人

現地だけでなく、空の移動中にもストレスフリーな通信を楽しむなら「MOST SIM」で決まりではないだろうか。是非、利用を検討してみて欲しい。

ABOUT ME
裏ガジェ
裏ガジェ
実際に使ってみて良かった物や皆さんが躓きやすいポイント等を丁寧に紹介していきます。 仮想通貨に興味のある方はこちらのブログもチェックしてみてください→「そうだったのかビットコイン!