ピックアップ記事

【レビュー】肩こり・腰痛にお悩みな貴方に勧めたい、コスパ抜群なスタンディングデスク「M1B」

loctek_F3MB_10

常日頃からデスクワークで座りっぱなしの方の多くは、腰痛や肩こりに悩まされているのでは無いだろうか。実際、私は仕事柄パソコンに向かう機会が多いため肩こりに悩まされることがある。

長時間座りっぱなしという行為は寿命を縮めるとの研究結果も報告されていることに加え、世界的に見てみても日本人は座りすぎの傾向にあるとも報告されている。それでは他の国々ではどのようにして座りっぱなしといった状態を改善しているのだろうか。

それは、アメリカなどを中心に流行しているスタンディングというワークスタイルだ。どういったものかと言うと、少しの時間でも立っていた方が健康のためになるといった考え方。

これを元に生み出された製品が「スタンディングデスク」なのであるが、今回はLoctekさんより「M1B」をご提供して頂いたので使用した上で紹介していく。

スタンディングデスクとは

standing_desk

スタンディングデスクは名前の通り、立った状態で作業を行うことができるデスクで、大きく分けて昇降できるタイプと高さ固定タイプの2通りが存在する。

最近では、GoogleやFacebookを始め、楽天やミクシィなどの大手IT企業を中心にスタンディングデスクが導入されるケースが見受けられている。

スタンディングデスク導入のメリット

導入することによるメリットとしては、主に以下の4つ。

  1. 腰痛や肩こり対策
    立っている分、背もたれに寄りかかることがないため自然と正しい姿勢で仕事に臨めるように。これにより肩こりや腰痛を予防することができる
  2. カロリー消費を促す
    普段座っていて消費できていないエネルギーを仕事をしながら効率的に消費することができる
  3. 程よく筋肉が付きスタイルアップ効果に
    立つことによって普段はそれほど使うことの無かった、お尻や太ももの筋肉などが刺激されるため仕事を進めながらシェイプアップ効果を期待することができる
  4. リフレッシュ効果により気分転換、眠気解消に
    お昼を食べた後などはどうしても眠気が襲ってくるものであるが、そういった際にこそメリハリを付けてスタンディングするチャンス

また、WHOが公表したデータによれば「1日に10時間以上座り続けている人は4時間以下の人と比較し、40%も病気になるリスクが高まる」とされている。こうしたことからも、欧米を中心にスタンディングといったワークスタイルが流行っているワケを伺うことができるだろう。

Loctek M1Bスタンディングデスクの概要

loctek_F3MB

Loctek M1Bスタンディングデスクの概要は以下の通り。

型番
M1B
商品重量
23kg
耐重量
15kg
テーブルサイズ
27インチ
高さ
12段階(15〜50cm)

テーブルサイズは27インチと広めに設計されており、15インチのMacbook Proを配置したとしてもかなりのスペースが余る。また、奥行きがあることからモニターアームを取り付けた際であっても適度な距離を確保することが可能となっている。

組み立てはほぼ皆無!キーボードトレイを差し込んで準備完了

スタンディングデスクと聞くと、個人的には組み立てが面倒なイメージがあるのだが「M1B」は届いた段階でほぼほぼ完成形。同梱されている、キーボードトレイをはめ込んであげた上で、ねじを締めれば組み立ては完了だ。

そもそもノートパソコンを利用している方の場合だと、別途キーボードを用意する必要が無いといった方もいるはず。実際、僕はそのタイプの人間だ。そういった方は、わざわざ組み立てることなく手元に届いた状態で使用するといった使い方も可能となっている。

 

パソコンだけでなくタブレットやスマホも配置可能

loctek_M1B_02

ご覧の通り、手前にはスマートフォンやタブレットを立てて置くことのできる溝が配置されている。また、これを上から覗いてみると分かり易いのだがライトニングケーブルなどを通して立てかけたまま充電を行うなんて使い方も出来るため、ヘビーユーザーには大変有り難い仕様となっている。

loctek_M1B_04

この穴は等間隔に4つ用意されており、複数台のデバイスを配置する場合にも気にすることなく配線できる点も魅力的だと言える。

loctek__M1B_03

高さ調節はハンドルを握るだけで楽々調節

M1Bはガススプリング式を採用していることから、両サイドに配置されているハンドルを握った状態でデスクを一瞬、下に押すことによって高さを調節できる仕組みとなっている。

loctek_M1B_07

規定のラインまで昇降することによって、自動的にロックががけられるため高さを調節する度にドライバーでねじを止めるといった作業を行う必要は無い。また、ガススプリング式であるため女性のような比較的力が弱めの方であっても容易に調節することができる。

loctek_M1B_05

最小化

loctek_M1B_06

最大化

デスクの高さは全12段階となっており、左が最も低くした状態で右が最も高くした状態のものである。通常は、デスクの上に設置し使用する物であるが中間の高さにした状態で床に置くと座椅子に座った際にベストな高さとなるためテーブルの代わりとして使うこともできる。

また、写真では伝わりにくいかも知れないがデスクは手前側が若干高めに設定されており後部に行くにつれて緩やかに下がる作りとなっている。

loctek_M1B_08

デザインとしては丸みを帯びているため、角にぶつかって怪我をしてしまうといった心配をする必要が無い安全に配慮された作りとなっている。

まとめ

テーブルの広さも27インチと広めで、余程のことが無い限りは快適に使用することができることだろう。また、昇降も左右に配置されたハンドルを握るだけなので女性であっても容易に調節できる点は魅力的だといえる。

ただ、キーボードトレイが固定式となっているためノートパソコンだけで作業をしたい場合などには少々邪魔に感じることがあるのも事実でスライド式がリリースされることに期待したいところ。普段から別途キーボードを用意しない方はキーボードトレイの設置は不要だ。

と、ここまで色々書かせて頂いたが、これら製品の価格帯は平均して4〜5万程度と比較的高価な物が多い。そうした中、今回ご紹介させて頂いたLoctekのM1Bスタンディングデスクはなんと3万を切るお買い得な価格帯で設定されているのだ。

コストパフォーマンスに優れたスタンディングデスクが欲しい方は是非、チェックしてみて欲しい。

下記クーポンコードで9月31日まで2000円オフ!

m1b-2000


※クーポン対象商品は、M1B及びM1Wのみとなっております。


話題のコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA