【レビュー】リカバリーソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」でフォーマットする必要がある記録メディアからデータ復元は可能か検証してみた

 
スクリーンショット 2015-06-04 23.05.52

重要なファイルを操作ミスで削除あるいは、HDDの急な破損により失ってしまい途方に暮れてしまったことはないだろうか。
一度失ってしまったファイルを復旧するためにHDD復旧業者に依頼しようと考える方もいるかと思うが、見積金額が非常に高価であることから躊躇しているはずだ。それに加え、復旧業者が用いている復旧方法は市販のリカバリーソフトウェアを使用していることが多く個人的には非常にコスパが悪いと感じる。

そこで今回は、Vectorなどでも高い評価を得ているリカバリーソフトウェア「EaseUS Data Recovery Wizard」を用い、フォーマットする必要があるUSBからデータを復旧することが可能であるか検証してみる。
なお、今回はEaseUS Softwareさんより特別にライセンスキーを提供していただいたので制限なく利用することが可能だ。

わずか、3ステップでデータを復元!

ほぼ全てのドライブ並びに記録メディアからファイルを復元することが可能となっており、復元までの操作はわずか3操作のみ。
そのためソフトウェアの扱いに慣れていない方でも直感的に復元まで行うことが可能となっている。

three-steps-to-recover-lost-mac-data

幅広いデータの復旧に対応!

スクリーンショット 2015-06-03 16.44.33

USBメモリなどで「フォーマットする必要があります」と表示され、保存済みのデータを諦めざる得ない状況に陥ったことが一度はあるのではなだろうか?
「EaseUS Data Recovery Wizard」では、そのように表示された記録メディアからもデータの復旧が可能となっている。その他、デバイスにアクセス出来ない場合やシステム不具合による初期化を行った場合でも復元を保証しており心強い味方といえる。

インストール&復元方法

1.「EaseUS Data Recovery Wizard」を「Application」フォルダへドラッグしインストール

スクリーンショット 2015-05-28 17.16.37

2.使用版の復元制限2GBを解除したい方は正規に購入しライセンスキーで認証を済ます

スクリーンショット 2015-05-28 17.18.19

3.リカバリーしたいファイルの種類にチェックし左上の「続ける」をクリック

スクリーンショット 2015-05-28 17.19.45

4.復元したいファイルが保存されていたであろう記録メディアを選択し、左上の「スキャン」をクリック

スクリーンショット 2015-05-28 17.20.16

5.復元可能なファイル一覧が表示されたら、復元したいファイルを選択し中央上の「リカバリー」をクリックすることにより復元が完了する

スクリーンショット 2015-06-03 17.22.57

フォーマットする必要があるUSBからデータを復旧できるか検証してみた

スクリーンショット 2015-06-04 22.31.42

ゴミ箱から削除したファイルを復旧することは容易に出来たため、「フォーマットする必要があります」と表示されUSBからデータを復旧しバックアップを作成することができるかを検証してみることにした。

案の定、通常リカバリーでは何一つとしてデータの復元に成功することはできなかった。そこで、このソフトウェアの目玉である「ディープスキャン」に望みをかけてみたところ…。

スクリーンショット 2015-06-04 22.37.43

24ファイル、6,71MBのデータ復元に成功することが出来た。ただ、ほぼ全てのデータは復旧できなかったためフォーマットをする必要がある記録メディアから復元を行うには限界を感じる結果となってしまった。

誤って削除してしまったファイルであれば問題なく復元ができるため、通常の復旧用途で利用する場合には問題なく使用することができるだろう。
「EaseUS Data Recovery Wizard」を購入したいという場合には、App Storeよりも公式サイトからの購入の方が若干安いので下記より購入することをオススメする。
http://jp.easeus.com/mac-data-recovery-software/mac-drw-pro.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA