「ポケモンGO」、時速40キロ以上で使用不可に。さらなるユーザー離れの可能性も

 
pokemon-go-drive

つい先日、「ポケモンGO」のポケモンの出現情報がリアルタイムで分かるサードパーティ製アプリが全面対策されユーザーからの不満が漏れ始めている。そんななか、開発元であるナイアンティック社はゲームプレイ中に40km以上で移動するとポケモンが全く出現しない仕様へと変更を行っていたことが明らかとなった。

事故防止の観点から対策か

これまでも運転中や電車乗車時など、あからさまに速い動きをするとアプリ側に検知され注意が促されるほか、ポケモンの出現頻度が大幅に減少していたが今回の仕様変更では完全にポケモンが出現しなくなってしまった。適用範囲は電車やタクシー、バスといった交通機関も、もちろん含まれている。検知の仕組み場、対策に巻き込まれてしまうことは仕方が無いことではあるがユーザー視点から言うとそのあたりの分岐をどうにかして行って欲しいはずであろう。

また、今回の仕様変更により暇つぶし程度にプレイしているユーザーはこれをきっかけにゲームをやめる可能性もありそうだ。実際に通勤電車やバスの中でプレイしている乗客を見かけるのが現状だ。

今回の仕様変更によりアクティブユーザー数にどのような変動が起こるのか今後の動向に注目していきたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA