【ポケモンGO】iPhone/Android対応!ポケモンの出現情報がリアルタイムで分かる「P-GO SEARCH」の使い方

 
pokemongo_top

つい先日、お台場にレアポケモンが出現したとし進入禁止区域にポケモンGOユーザーが大量に流れ込んだと迷惑行為が社会問題として話題となっていた。その元凶として不正にNianticからデータを取得しているサービスとして某ニュース番組にて紹介されたのが「P-GO SEARCH」だ。

今回はiPhoneおよびAndroidに対応した同アプリケーションの使い方をご紹介。

P-GO SEARCH

「P-GO SEARCH」はiOSおよびAndroid向けにアプリをリリースしていた。しかしながら、Androidにおいては「大いなる力」が働いたとしアプリの提供を中止している状況だ。AndroidユーザーにおいてはPCでも動作確認が為されているブラウザ版を使用することを推奨する。
iOS

P-GO SEARCH
Price: Free

Android/PC

使い方

各ボタンの説明
①GPS機能の有効化
②通知の有効化
③リアルタイムマップの更新
④ポケソース/出現履歴の設定
⑤地図/追加表示/ごほび機能/出現中のポケモンの非表示の設定

p-go_search_3

①GPS機能の有効化
1.①のアイコンをタップ
2.「“P-GO”の使用中に位置情報の利用を許可しますか?」とポップアップが表示されるので許可をタップ

p-go_search_2

②通知の有効化
1.②のアイコンをタップ
2.「“P-GO”は通知を送信します。よろしいですか?」とポップアップが表示されるので許可をタップ

p-go_search_4

③リアルタイムマップの更新
1.③のアイコンをタップ
2.15秒のカウントダウンが表示され読み込みが開始される
④ポケソース/出現履歴の設定
□ポケソースの表示
過去の出現記録を表示するか否かの設定。「近隣のポケソースを表示」「遠くのポケソースも表示」「出現時間外のポケソースは非表示」から選択可

□出現履歴
指定したポケモンの過去6時間の出現記録を表示するか否かの設定。最大4種類の設定が可能で出現記録は薄いアイコンで表示される。
⑤地図/追加表示/ごほび機能/出現中のポケモンの非表示の設定
□地図設定
・P-GO SEARCHの地図デザイン:(すっきり見やすいデザイン/情報量の多い地図)
・ナビ機能で呼び出す地図アプリ:(iOS標準マップアプリ/Google Maps)

□追加表示設定
地図上にポケモンの出現情報に加えポケストップやジムを表示するか否かの設定。

□ごほうび機能設定
サーチによって一番最初にレアポケモンを発見した場合に、レア度や残り時間に応じてお礼の「ピゴポ」が給付される。ピボゴは一定ポイント以上溜まるとiTunesカードやAmazonギフトコードとの交換が可能。なお、ポイントをためるには新規会員登録およびログインを行う必要がある。88ピゴポあたり1円となっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA