Blu-rayが再生不能…コピーガードAACSに注意

 

Blu-ray Discのコピーガードである「AACS」は更新され続けれられています。市販のBlu-rayコンテンツ等には最新版のAACSが搭載されています。

これをBlu-rayプレイヤーやパソコンで再生するとドライブ側も最新バージョンがインストールされるためプレイヤーソフトが最新のバージョンに対応できず再生不能に陥る場合があります。

AACSとは?

Advanced Access Content System(アドバンスド アクセス コンテンツ システム、AACS)は、コンピュータ・家電メーカーが結成した団体AACS LAが策定した映像コンテンツのコピープロテクト規格。HD DVD・Blu-ray Discの再生専用ディスクと書き込み用ディスクで採用されている。もちろん、個人や小規模な団体などでBD(BD-Video形式)やHD DVDの制作を行なう場合でも、このコピープロテクトを採用する事は可能である。著作権への意識の高まりから、AACSは、一般消費者(特に映像制作などに力を入れているアマチュアなど)の間でも注目されている。

wikipediaより

対策方法

Blu-rayコンテンツを読み込む前にプレイヤーのファームウェアを確認して下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA