Apple、「iOS 8.2」で「TaiG」に用いられている脆弱性を修正へ

 

本日(3月10日)、「Apple Watch」のサポートに対応した「iOS 8.2」が正式にリリースされたが、今回のアップデートにより中華製脱獄ツール「TaiG」に用いられていた脆弱性が修正されていることがわかった。

「MobileStorageMounter」が修正

今回のアップデートにより修正された脆弱性は「MobileStorageMounter」というものでAppleの承認を受けていない非公式なアプリケーションがRoot内にフォルダを作成することが可能とないっていた状況が修正された。

About the security content of iOS 8.2 - Apple Support

なお、現時点で脱獄可能な最新バージョンは「iOS 8.1.2」と「iOS 8.2 beta 2」となっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA