Google、「HTTPS ページを優先的にインデックスする」と正式に発表

 
GoogleLogo

Googleが将来的に採用する検索順位のアルゴリズムに対応するため当サイトにおいても9月より、HTTPS(SSL化)を試験的に導入している。

HTTPSに関しては個人ブログレベルであれば必要ないと思われがちであるが、今回の発表によりその考えが改まることになるかもしれない。Googleは本日、「HTTPSページを優先的にインデックスする」と正式に発表した。

ユーザーのセキュリティやウェブの安全性を重視

Googleはウェブマスター向け公式ブログにて「HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります」とした記事を本日付で公開した。

Googleは以前より、HTTPSページの検索結果表示をHTTPページよりも若干高めに表示する「HTTPSランキングシグナル」の変更も行っており、ユーザーのセキュリティやウェブの安全性及び匿名性を重視したものとなっている。

「HTTPSページ」が優先的にインデックスされるには

Googleの発表によれば「HTTPSページ」が優先的にインデックスされるためには、以下の条件を満たしておく必要があるとのこと。

  • セキュアでない依存関係が含まれていない。
  • robots.txt によってクロールがブロックされていない。
  • セキュアでない HTTP ページに(または HTTP ページを経由して)ユーザーをリダイレクトしていない。
  • HTTP ページへの rel=”canonical” リンクが含まれていない。
  • noindex robots メタタグが含まれていない。
  • 同一ホスト上の HTTP ページヘのリンクが含まれていない。
  • サイトマップに HTTPS URL が掲載されている(または URL の HTTP バージョンが掲載されていない)。
  • サーバーに有効な TLS 証明書がある。

当サイトでは、Xサーバーが提供している「CoreSSL」を契約しており2015年12月25日(金)18:00までの期間限定で開催されている「SSL割引キャンペーン」で導入することにより通常年額1,000円のところ0円で契約することができる。

一先ず試してみたい方はこのキャンペーンでHTTPS導入前と後で、SEOにどれほどの差が生じるか確認した後にでも契約更新をしてみるのもありかもしれない!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA