Google、Androidの開発言語を「Swift」に移行することを検討

 
Swift-on-Android

iOS及びOS Xのために開発されたプログラミング言語「Swift」であるが、GoogleがAndroidの開発言語の移行先として検討をしていることが明らかとなった。

「Swift」への移行を検討しているのはGoogleだけじゃない

Swiftは2014年にAppleが発表した開発言語で、2015年12月にはオープンソース化が正式にスタートした。

現在、Googleが提供しているOS「Android」ではJavaが開発言語として用いられているが、同開発言語後の開発元であるOracle社との訴訟問題を機に他言語への移行を検討しているとされている。そこで候補に挙がってきたのがSwiftというわけだ。

Swiftに興味を示している企業は他にも存在し、FacebookやUberも内部テスト等を行い移行する可能性が高まってきている。ただ、万が一Swiftに移行するとしても近々行われることはないようなのでデベロッパー側が甚大な被害を被ることは今のところなさそうだ。

デベロッパー側からすれば、Android/iOSと開発言語が統一されることにより作業の効率化が期待できるため有りがたいところ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA