ピックアップ記事

ビットコイン取引を始めるために!「bitFlyer」でビットコイン口座を開設する方法

昨年に仮想通貨法が制定されたことに伴い今年中にも本格的に法整備が敷かれることとなった仮想通貨。仮想通貨は約600種類も存在し、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼ぶことが一般的となっている。

600種類もある仮想通貨とビットコインが別枠で考えられる理由としては、その信用性や単価の高さだとされている。2017年は仮想通貨元年になるとも予想されているだけに本格的な法整備が敷かれる前にビットコイン口座開設および取引を始めてみようと考えている方も多いのではないだろうか。

そこで今回は、世界最大のビットコイン取引所とされている「bitFlyer」の登録方法を初心者にも分かりやすいよう丁寧に紹介していく。

仮想通貨とは

ひとことで言ってしまえば「仮想」の「通貨」のことである。仮想という文字列からも分かる通り、日本円や米ドルとは異なり実態が存在するわけではなく、インターネットを始めとしたバーチャル上に存在するお金だと考えてもらえると分かりやすいだろう。

仮想であるが故に、中央銀行などの公的な発行主体が存在しないほか管理者も存在しないため取引所と呼ばれる専門の機関で特定の国家による特定の国家による価値の保証を持たない通貨となっているのが特徴的。仮想通貨の種類はビットコインを始めモナーコイン、ライトコインなど600種類以上存在しており、ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれている。

ビットコインとは

ビットコインは中本哲史を名乗る人物によってインターネット上に投稿された論文に基づき2009年に運用が開始された「分散型仮想通貨」である。

ピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営されているため、政府や中央銀行などの仲介者なしで、ユーザー間の直接取引を可能としていることから、取引の仲介手数料が安く抑えられるほか、瞬時に貨幣取引を行う事が可能となっている。

また、ビットコインの市場流通量はビットコインのシステムが開始された際に2100万枚を上限とすることが決められている。発行上限が決まっていると何かメリットがあるの?と思った方、鋭い。リアルの世界で有限かつ価値のある物質といえば金(ゴールド)だということはご存じだろう。

1897年に日本でも採択された金本位制(金と貨幣を交換する制度)は今でこそ廃止となっているが、今日の中央銀行では極端な話、造幣局のさじ加減で紙幣を発行しようと思えば好きなだけ刷ることができてしまう状況である。そのような仕組みに疑問を抱き始めている人々にとって最大供給量が規定されているバーチャル上の金が注目を集め始めていると思って貰えると分かりやすいだろう。

bitFlyerとは

日本には9つのビットコイン取引所が設けられているが、その中でも「bitFlyer」がオススメである。「bitFlyer」はビットコインの取引量が日本一であるだけでなく、世界中の取引所においても1位を獲得したことがあるなど多くのビットコイナーに支持されている。

また、三大メガバンクである三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行が揃って出資している取引所であるほか、万が一、悪意のあるハッカーによって手持ちのビットコインが盗まれてしまった場合に備え損害を補填する国内大手損害保険会社と契約している点も魅力の一つである。

bitFlyerでビットコイン口座を開設

1.下記、画像のいずれかをクリックし「bitFlyer」にアクセス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2.右上の「無料アカウント作成」をクリック

3.メールアドレスを入力し「無料でアカウントを開設」をクリックあるいは「Facebookでアカウントを作成」をクリック

※後ほど、Facebookアカウントとの紐付けを求められるのでFacebookアカウントでの作成を推奨します。
もちろん、Yahoo!やGoogleアカウントでのアカウント開設も可能となっています。

4.入力したメールアドレス宛にキーワードが送付されるのでコピーした上で空欄にペーストし「アカウント作成」をクリック

※Facebookアカウントで開設した場合にはFacebookを登録したメールアドレス宛にキーワードが送付されています。初回ログイン時は同メール内に記載されているパスワードを用いログインすることが可能です。

5.利用規約やプライバシーポリシー等に目を通した上で全項目にチェックし「bitFlyerをはじめる」をクリック

6.「続けて、ご本人情報を登録する」をクリック

8.ご本人情報登録より必要事項を入力し「登録情報を確認する」をクリック

9.⑧で確認した情報に誤りが無いか確認した上で「ご本人情報を登録する」をクリック

10.「続けて銀行口座情報を登録する」をクリック

11.登録したい銀行講座情報を入力する

12.⑪で確認した情報に誤りが無いか確認した上で「銀行口座情報を登録する」をクリック

13.「続けてご本人確認書類を提出する」をクリック

14.右の画像及び説明文に従い写真を撮影しアップロードを行った上で「ご本人確認書類を提出する」をクリック

この際、「本人と身分証明書の写真」、「身分証明書の表の写真」、「身分証明書の裏の写真」の3つの写真提出を求められるため例に応じて撮影を行いアップロードを行ってください。

身分証明書として提示が認められているものは「免許証(表面、裏面)」、「パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)」、「外国人登録証明書(表面と裏面)」、「マイナンバーカード(表面)」となっています。

15.「Facebook連携」および「携帯電話認証」をクリック

16.Facebookに移行したら「〇〇としてログイン」をクリック

17.「携帯電話認証をする」をクリック

18.登録した電話番号宛てにSMSが送信されるので届いたコードを入力し「携帯電話登録」をクリック

bitFlyerランク

上記の通り登録を済ませることによって「ビジネスクラス」までアカウントをアップグレードすることが可能となった。ビジネスクラスまでアップグレードすることができれば、取引量に上限がある以外はファーストクラスと大差ないため十分な運用が可能となる。

また、「プレミアムエコノミー」および「ビジネスクラス」アカウントにすることによってbitFlyerアカウントへの日本円入金が可能となることによってビットコインの購入を行う事も可能となる。







話題のコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA