XcodeGhost問題は収束していなかった!! 新たなマルウェア「XcodeGhost S」が密かに開発中であることが判明

 
App-Store

2ヶ月ほど前に中国圏を中心にApple Storeの安全神話を崩壊へと陥れたマルウェア「XcodeGhost」を覚えているだろうか。

この件に関しAppleが感染アプリなどをリジェクトするなどし問題は収束したものと思われていたが、未だに210もの企業でXcodeGhostに感染したデバイスを用いていることが明らかとなった。

210もの企業が感染アプリを未だに使用

セキュリティ会社であるFireEyeの調査によると、XcodeGhostに感染したアプリを使用している企業が調査時点で210社あったとのこと。

同マルウェアは「クリップボードにコピーした内容を不正に取得」、「ニセの認証ポップアップを表示しフィッシング」などの不正行為を行い外部サーバーに送信するもので感染の有無を確認することができるツールもリリースされている。

FireEyeが公開した資料によると同マルウェアに感染したアプリを使用している企業の9割近くがアメリカとドイツとはなっているものの日本も例外なく上位5位にランクインしてしまっている。

新たなマルウェア「XcodeGhost S」が開発中…?

XcodeGhostに感染した延4,000以上ものアプリはAppleからの緊急声明の後、全てリジェクトされ審査もより厳格化するなど収束の方向へと向かっていたものの、今回の調査結果より企業であっても周知していない場合があることに驚かされた。

また最近では、XcodeGhostの後継マルウェアとして「XcodeGhost S」なるものが開発されているとの噂もあるだけにAppleだけに安全性を任せるのではなく個々人が正しい情報リテラシーを身につけ防いでいくことが必要となってくる時代もそう遠くないはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA