Apple、「XcodeGhost」の感染被害が大きいアプリ25個のリストを明らかに

 
XcodeGhost-01

Appleの安全神話を揺るがすこととなった「XcodeGhost」であるが、Appleはこれに対し感染したアプリの中でも特に被害の大きかったアプリ25個をリストアップし公開したので紹介する。

「WeChat」や「Angry Birds」など人気タイトルも含まれることに

XcodeGhost

Appleは「XcodeGhost FAQ」にて、同マルウエアに感染した複数のアプリの中から感染被害が甚大であるアプリを25個リストアップし公開した。

今回リストアップされたアプリの中には人気タイトルでもある「WeChat」や「Angry Birds」なども含まれており、その被害の大きさは計り知れないものとなっていいる。

以下、Appleが公開した感染被害が大きなアプリ一覧となる。該当のアプリをインストールしている場合、迅速なアプリ削除が求められているので確認してほしい。

  • WeChat
  •  DiDi Taxi
  •  58 Classified – Job, Used Cars, Rent
  •  Gaode Map – Driving and Public Transportation
  •  Railroad 12306
  •  Flush
  • China Unicom Customer Service (Official Version)*
  •  CarrotFantasy 2: Daily Battle*
  •  Miraculous Warmth
  •  Call Me MT 2 – Multi-server version
  •  Angry Bird 2 – Yifeng Li’s Favorite*
  •  Baidu Music – A Music Player that has Downloads, Ringtones, Music Videos, Radio, and Karaoke
  •  DuoDuo Ringtone
  • NetEase Music – An Essential for Radio and Song Download
  • Foreign Harbor – The Hottest Platform for Oversea Shopping*
  • Battle of Freedom (The MOBA mobile game)
  • One Piece – Embark (Officially Authorized)*
  • Let’s Cook – Receipes [sic]
  • Heroes of Order & Chaos – Multiplayer Online Game*
  • Dark Dawn – Under the Icing City (the first mobile game sponsored by Fan BingBing)*
  • I Like Being With You*
  • Himalaya FM (Audio Book Community)
  • CarrotFantasy*
  • Flush HD
  • Encounter – Local Chatting Tool

感染拡大の原因は中国サーバーにホストされていなかった?

今回の問題は非正規ルートから入手された「Xcode」がアプリの開発に使用されていたことにより作成されたアプリへマルウエアが仕組まれてしまう形となってしまった。ただ、一番の疑問点として無料開発ソフトウェアであるXcodeを何故非正規ルートから入手するのかといった点だ。

どうやら問題が起きた当初、Appleの中国サーバーではXcodeを配布しておらず、ダウンロードするにしても回線の影響から多くの時間を費やすことになっている状況だったようだ。Appleは今回の問題を重く受け止め、中国においてもホストする旨を発表した。

なお、今回の問題はXcodeだけに留まらず「Unity」においても同様のマルウェアが仕組まれており、そちらにおいても早急な対応が求められている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA