ピックアップ記事

Apple、サードパーティ製アプリからのiCloudアクセスに2ファクタ認証を必須へ

iCloud

2017年6月15日以降、サードパーティ製アプリなどからiCloudデータへとアクセスする場合、2ファクタ(2段階)認証が必須となることが明らかとなった。

サードパーティ製アプリをiCloudに紐付けしている方は早めの設定を

これまでApple IDとパスワードを入力するだけで、サードパーティ製アプリへの紐付けが行えていたが6月15日以降はセキュリティ強化を目的としてSMS等でワンタイムパスワードを受信させ、入力させる2ファクタ認証を必須とするとのこと。

これに伴い、既に紐付けられているサードパーティ製アプリがある場合には自動的にサインアウトが行われ、再度紐付けるには同認証をオンにする必要が生じてくる。

もし継続して、それらのアプリやサービスでiCLoudデータの共有を行いたい場合には「App用パスワード」と呼ばれるパスワードを各々のサービス別に生成した上でサインし直す必要があるので早い段階で設定を済ませておくことを推奨する。

なお、「App用パスワード」の生成はiCloudの2ファクタ認証を有効にした上で「Apple IDアカウントページ」にサインし、「セキュリティ」>「App用パスワード」から行う事が可能だ。

iCloudの2ファクタ認証対応デバイスはiOS9以降のiPhoneなど

2ファクタ認証に対応したデバイス及び環境下は以下の通り。

  • iOS9 以降を搭載する iPhone、iPad、iPod touch
  • OS X El Capitan および iTunes 12.3 を搭載する Mac
  • watchOS 2 以降を搭載する Apple WatchtvOS を搭載した Apple TV(第4世代)
  • iCloud for Windows 5 および iTunes 12.3.3 を搭載する Windowsパソコン

これらの環境を満たしていないデバイスにおいては、今後サードパーティ製アプリへのアクセスが困難になる可能性が高いのでOSなどのバージョンアップが行える場合には済ましておくことを推奨する。



話題のコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA