Apple、iOS及びOS XのSafariが強制終了してしまう不具合を修正 ー 正式な対処法も明らかに

 
Safari-9

昨日(1月27日)から発生していたiOSおよびOS XのSafariが強制終了してしまう不具合が世界で同時期に発生し話題となっていたが、Appleが同問題を修正したことを明らかにした。

修正されていない場合の対処法

同不具合はSafariの「検索候補」機能をオンにしていた場合にのみ発生したものであり、はっきりとした原因に関しては明らかにされていない。

なお、現時点でも同不具合が発生している場合には下記を参考に設定を見直す必要がある。

iPhone(iOS)

設定」 > 「Safari」 より「履歴とWebサイトデータを消去」をタップし履歴とWebサイトデータの消去を行うことにより改善する

Mac(OS X)

Safari」>「履歴を消去…」をクリックし消去の対象を「すべての履歴」にし「履歴を消去」をクリックすることにより改善される

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA