【注意】アクセスしただけでiOSがクラッシュしてしまう「crashsafari.com」が拡散中!!

 
crashsafari

Twitterを中心にiPhoneやMacの標準ブラウザであるSafari及びWinsowsやAndroidChromeでアクセスしただけでデバイスをクラッシュさせ最悪の場合、再起動に陥れてしまうウェブサイト「crashsafari.com」が拡散中だ。

アクセスしただけでクラッシュ・再起動

問題となっているサイト「crashsafari.com」は、アクセスした途端にJavascriptを用いおよそ数十万件もの膨大な経歴を閲覧経歴に強制的に追加する仕組みとなっており、iOSデバイス以外にもMacやWindows、Androidにおいてもクラッシュや再起動を誘発することが確認されている。

執筆時点、一番大きな拡散源と思われるTwitterでは「crashsafari.com」が禁止ワードに追加されたことによって拡散が抑制されてはいるものの、短縮URLを用いたツイートに関しては規制対象ではないためリンクを開く際には注意が必要だ。

なお、脱獄済みデバイス向けには「StopCrashingSafari」といった脱獄アプリもリリースされているので合わせてチェックしてみてほしい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA