4年に渡るアップルvsサムスンの特許侵害訴訟に決着!サムスンが674億円支払うことに合意

 
samsung-galaxy-s5-apple-iphone-5s

アップルとサムスンによる特許侵害訴訟問題が4年にわたり行われてきたが、12月3日ついに決着がついた。

両社は話し合いの末、サムスンがアップルに対し5億4,800万ドル(約674億円)の支払いを行うことで合意に至ったとのこと。

サムスン、5億4,800万ドル(約674億円)の支払いに応じる

2011年の訴訟から4年の歳月をかけ行われてきた特許侵害訴訟はサムスンがアップルに対し5億4,800万ドル(約674億円)の支払いに応じたことにより終止符を打つかたちとなった。支払いは12月14日までに完済するとのこと。

ただ今回の賠償金額に関しては両社にとって意味合いの異なるものだと思われ、アップルにとっては第1審・第2審と判決結果に違いが生じ、iPhoneの形状や色を模倣したとする訴えが認められることはなかった。このことを考えるとアップルにとっては少なすぎる賠償金額と言えるだろう。

一方、サムスンにとっては米連邦巡回控訴裁判所に対し減額あるいは完全撤回を要求していることから高額だとする考えが強いものと考えられる。

なお、アップルは今回の訴訟で生じた総費用180万ドル(約2億2,000万円)をサムスン側に請求することも明らかにしており両社の攻防は今後も続きそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA