Apple、メーカー別国内タブレット端末出荷台数において11半期連続シェア1位獲得

 
iPad-Pro

マーケティング・リサーチを行うMM総研によると、2015年度上期(2015年4月~9月)のメーカー別国内タブレット端末出荷台数・シェアにおいて11半期連続シェア1位をAppleが獲得したことを明らかにした。

NTTドコモでの販売ルートが好調

MM総研の発表によると総出荷台数は前年同期比8.0%増の446万台となっており、携帯電話キャリアのネットワークを利用する「セルラータブレット」はAndroid、iPad共にドコモでの販売ルートが好調であるとしている。

その一方で、無線LANのみをネットワークとして利用する「Wi-Fiタブレット」に関しては減少傾向にあるとのことで、その要因としてスマートフォンの大画面化などを挙げている。

国産企業であるソニー・富士通を差し置きAppleが1位を獲得

1447916399-1

2015年度上期のメーカー別タブレット端末出荷台数・シェアにおいては、11半期連続でAppleが1位に輝いており次いで2位に富士通、3位:ASUS、4位:ソニー、5位:Microsoft、6位:Huaweiと続いている。

Appleは先日、大画面タブレット「iPad Pro」を発売するなど更なる躍進が期待されており今後の動向に注目していきたいところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA