「iPhone 6/6 Plus」と「iPad Air 2」がいつの間にか「Bluetooth 4.2」に対応していることが判明

 
Bluetooth

iPhone 6/6 Plus」並びに「iPad Air 2」が知らぬうちに「Bluetooth 4.2」に対応していたことが、9to5Macにより明らかとなった。

スペシャルイベント後ひそかに対応か

Appleの製品仕様により明らかとなった今回のBluetooth 4.2への対応であるが、同社が既に公開している情報を変更し公開することは極稀でハードウェア内部のアップグレードによる変更かアップデートによる変更可までは明らかとなっていない

製品仕様を変更したタイミングに関しては、「iPhone 6s」シリーズなどの発表を行った9月9日のスペシャルイベント後であると見られており、同製品がサポートしていた「Bluetooth 4.0」から「Bluetooth 4.2」へとアップグレードが行われている。

ただ所有している「iPhone 6」のBluetoothバージョンを確認してみたところ「Bluetooth 4.0」のままであったためアップデートによる変更ではなくハードウェア内部のアップグレードあるいはAppleの表記ミスの可能性も考えられる

なお、Bluetooth 4.2へとアップグレードされていた場合の通信速度は2.5倍となり、データ容量が10倍になる他、セキュリティの向上、省電力化を実現していることからユーザーへの恩栄も高くなるはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA