Apple、個人データ流出の懸念がある複数のアプリを配信停止にしていたことを明らかに

 
App-Store

世間を騒がしたマルウェア「XcodeGhost」や「YiSpecter」によって、意図していないデバイスの情報が盗まれるなどの被害に見舞われていたiOSデバイスであるが、これとは別に個人データ流出の懸念があるアプリ複数本をApp Storeより配信停止にしていたことが明らかとなった。

コンテンツブロッカー「Been Choice」を含めた複数本の配信を停止

今回配信停止の措置が行われたアプリの明確な本数に関しては明らかにされていないものの、コンテンツブロッカーアプリである「Been Choice」などが含まれているとされている。

データ流出の懸念として配信停止に追いやられたアプリは、構成プロファイル(証明書)をインストールすることによって個人データを第三者に見られてしまう可能性が指摘されているとのこと。

なお、既に配信停止の対象となったアプリのデベロッパと配信再開を行えるよう密接に連携し作業を進めているとのことで、配信再開されるのにもそう時間はかからないはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA