Appleのサポートページでレイアウトの崩れが発生中! 要因及び対処法をまとめてみた

 
Apple-support-css-error

先週頃からChromeなど一部ブラウザでAppleのサポートページを閲覧した際に大幅なレイアウトの崩れが生じてしまう不具合が発生していたことはご存知だっただろうか。

この現象に関して調査を行ったところ、日本語環境だけではなく様々な言語環境下でも同様の現象に陥っていることが明らかとなったので、要因及び対処法をまとめておく!

要因は一部CSSの変更によるレイアウトの不具合

今回レイアウトの崩れが発生した要因としてTidBITSは、一部CSSの変更に伴なったものであり、その際に追加された2つのCSSコードが誘発しているとのこと。

該当のCSSコードは以下の通りで、Apple側の記述ミスが要因となっている。

各ブラウザでの暫定的な対処法

大元の原因はサポートページのCSS表記ミスであるため一ユーザーである我々にとっては修正が行われるまではどうしようもない状況となっている。
ただ、暫定的ではあるが各ブラウザの設定を変更することによってレイアウトの崩れを回避することができるようなので気になった方は試してみてほしい。

Safari

Apple-support-css-error-Safari

「Safari」>「環境設定」>「詳細」を開きアクセシビリティ:「これより小さいフォントサイズを使わない」を選択

Firefox

Apple-support-css-error-Firefox

「Firefox」>「環境設定」>「コンテンツ」>フォントとカラー「詳細設定」>「最小フォントサイズ」を開き「なし」を選択

Chrome

以下を参考に各OSにあったディレクトリを開き「Preferences」ファイルを削除
※削除する前にバックアップをとっておくことを推奨

Mac OS X
Google Chrome: ~/Library/Application Support/Google/Chrome/Default
Chromium: ~/Library/Application Support/Chromium/Default

Windows 10/8 /7/ Vista
Google Chrome: C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default
Chromium: C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Chromium\User Data\Default

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA