「App Store」、サービス開始から7周年を迎える

 

App-Store

Appleがサービスを展開するアプリ配信サービス「App Store」が現地時間7月10日をもってサービス開始から7周年を迎えた。

アプリ数は150万本を突破

App Storeは2008年7月10日にサービスを開始。サービス開始時のアプリ総数は500本であったが、執筆時点でのアプリ総数は150万本に達し、アプリの総ダウンロード数は1000億以上となっている。

スマートフォンと呼ばれるデバイスが登場したのも同時期であり、技術の進歩が目覚しいことがよく分かる事例とも言える。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA