Taylor Swift、Apple Musicにて「1989」の配信をすること決定

 
taylor swift

Apple Musicのトライアル期間中に再生された楽曲の印税が一切発生しない問題をめぐり、Taylor Swiftが自身の大ヒットアルバム「1989」をApple Musicから取り下げることを発表していた。

だが、その後自体は一変しトライアル期間中であっても1回の再生につき著作権料を含めた0.247セントをアーティスト側に支払うことが決定したとThe New York Timesが報じている。

“Apple Music”で”1989″の配信を表明

トライアル期間中であってもアーティスト側に印税を支払うことをApple側が表明したことを機に、Taylor Swiftは自身のTwitterにて歓迎のコメントを投稿。

それに合わせ、「1989」の配信もApple Musicで行うと声明を発表。一時はどうなるかと思われた今回の騒動だが、双方ともに和解したようで、これからはサービスの拡充に力を注いで行って欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA