「Apple Music」、トライアル期間中の印税は1曲の再生につき約0.2セント

 
Appple-Music-Mokup

Apple Music」の正式リリースまで、残すところ5日となった。そんな中、Taylor SwiftがApple Musicのトライアル期間中に再生された楽曲の印税を受け取ることができないのはデビューしたてのアーティストにとって致命的だとし、自身のアルバムを取り下げるなど宣言。

これに反応したApple副社長はトライアル期間中であっても印税を支払うことを決断。急遽取り決められたと思われるトライアル期間中の印税は1曲の再生あたり約0.2セントになる見込みであることが明らかとなった。

著作権料を含めると1曲あたりの再生につき0.247セントの印税

これらはThe New York Timesが報じたもので1曲あたりの再生につき約0.2セントの印税が支払われるという。ただ、この金額には著作権料が含まれていないとのことで、0.2セントに著作権料0.047セント上乗せした0.247セントがアーティスト側に支払われる模様だ。

配当はかなり少なく感じる人も多いかと思うが、Spotifyの無料プランとほぼ同水準となっており、大手レーベル側は問題ないとしている。
なお、Apple Musicの正式リリースは6月30日となっており、世界100カ国以上の国々でサービスの提供が開始される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA