次期iPhoneは6Sではなく7の可能性も!?さらに16GBが廃止され32GB・64GB・128GBの3モデル展開に?

 
iphone6s_1

次期iPhoneは例年通りであれば、「iPhone 6S」並びに「iPhone 6S Plus」が発表されるであろう。だが、TrendForceによると次期iPhoneは、Sシリーズではなく「iPhone 7」としてリリースされる可能性も大いにあるとしている。

また、現行モデルでは32GBモデルが廃止され16GB/64GB/128GBの4モデル展開となっているが、再び32GBモデルを復活し16GBを廃止する方向であるとTrendForceが伝えている。

モデル展開を32GB/64GB/128Gにする訳はiOSの肥大化か

初期のiOSである「iOS 1.0」はデータ容量95.6 MBと非常に小さい。それに対し、執筆時点での最新バージョン「iOS 8.3」ではデバイスによっても異なるが最大で2.37 GBとなっており初期iOSと比較すると約24倍以上となっている。

16GBモデルで該当iOSをインストールした場合、ストレージの20%前後を占めることとなり、かなりの容量を占拠されることとなる。このことから、16GBでは今後更に肥大化していくであろうiOSに対しての予防線として32GBモデルからの展開になるのではないだろうか。

Source:TrendForce

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA