2014年度の国内における携帯電話端末のメーカー別出荷台数シェア率はAppleが1位

 
cellphoneimage

2014年度(2014年4月〜2015年3月)の日本国内における携帯電話端末(スマートフォンを含む)の総出荷台数は2013年度より3.9%減の3,788万台となり3年連続で減少していることが判明した。

メーカー別出荷台数シェア率は3年連続Appleが1位

メーカー別出荷台数では、iPhoneを販売するAppleが1位となっており出荷台数は1,541万台となっており前年比6.8%増となっている。続いて、2位はシャープ、3位はソニーとなっており前年度からの順位の変動はない。

なお、スマートフォンのみのメーカー別出荷台数では、Appleが1位、2位はソニー、3位はシャープという結果となっている。
Via:(株) MM総研 [ 東京・港 ]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA