Appleの思惑はどこに?ソフトバンク設立の投資ファンドに約10億ドルを出資を検討

 


ソフトバンクが設立する10兆円規模のIT分野専門の投資ファンドに対し、Appleが最大10億ドル(約1,150億円)を出資する方向で調節しているとReutersが報じている。

新興技術への洞察を得る狙い

Appleが出資を検討している投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」は、ソフトバンク(最大250億ドル以上)がサウジアラビア(最大400億ドル)の政府系投資機関(PIF)と連携し設立されるものでIT分野を専門としている。

今回、Appleが同投資ファンドに出資を検討している思惑としては新興技術への洞察を得る狙いがあるのではないかとウォールストリート・ジャーナルが報じている。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドはソフトバンクの子会社がイギリスで運営される予定となっている。

 

話題のコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA