ピックアップ記事

ティム・クックCEOを始めとしたIT企業経営者ら、トランプ次期大統領と水曜にも会談へ

Appleのティム・クックCEOを始めとした、IT業界の未来を担う企業経営者らがドナルド・トランプ次期大統領と12月14日(水)にも会談するとRecodeが報じている。

IT企業の錚々たる面々が集う会談に

今回実施される会談は、ニューヨークに位置するトランプタワーで実施されるとのことでAppleのティム・クックCEOのほか、Googleの親会社であるAlphabetのラリー・ペイジCEOやMicrosoftのサティア・ナデラCEOなど多くとも12名以下の参加者で構成されるとのことで錚々たる面々の割に規模としては小さいものになる予定。現時点で判明している参加者は以下の通り。

  • Googleの親会社Alphabetのラリー・ペイジCEO
  • Facebookのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)
  • Microsoftのサティア・ナデラCEO
  • Ciscoのチャック・ロビンズCEO
  • IBMのジンニ・ロメッティCEO
  • Intelのブライアン・クルザニックCEO
  • Oracleのサフラ・カッツCEO

上記リストの他に、Amazonのジェフ・ベゾスCEOやTeslaのイーロン・マスクCEO等が招待されているとのことであるが、参加しない方向で話が進められているようだ。

トランプ次期大統領は、当選確定後にクックCEOやMicrosoft創業者のビル・ゲイツ氏から祝電を受けたとした上で、アメリカ国内に工場を建設するようにクックCEOに要請していたことも明らかにしている。



話題のコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA