Apple、広告費の開示を停止!その背景にはiPhoneの売り上げに

 
iPhone-SE

Appleが広告費の開示を突如として取りやめていたことが10-K報告書の内容から明らかとなった。

これまで広告費支出の開示を行っていたのにも関わらず開示を取りやめた要因とは何なのだろうか。その辺りについて、Business Insiderが取り上げていたのでご紹介。

Apple、広告支出額開示を取りやめ

Appleは10月に証券取引委員会に提出した10-K報告書において、2015年まで開示していた広告費の支出額を突如として取りやめた。特に証券取引委員会から開示するような義務づけはされていないため法律上の問題は無いものの、これまで開示していた情報を突如として取りやめたのには些か疑問が生じてしまう。

Wells Fargoが作成した、2008年以降のAppleの広告支出をグラフを確認してみると分かるように広告費は右肩上がりに推移しており、2015年には前年比の約2倍にあたる18億ドルにまで達している。それに対し、販売管理費は141億ドルと前年比からマイナス1%となっているほか、売上額に占める比率は7%と前年比1%増となっている。

apple_advertisement_2016

棒線:支出額、折れ線:歳入に占める割合

この推移経過から、iPhoneの販売台数が頭打ちになっていることが要因であるとBusiness Insiderは推測している。頭打ちになっている販売台数を持ち上げるためにも広告費支出を増加させているようだ。また、2016年に広告費の開示が取りやめられた背景には売り上げに対する広告費の比率が高くなったためだとも指摘されている。

2018年に発売されるiPhone 8がピークとも言われている、iPhone市場であるがこれからAppleがどのような施策を打ち出していくのか期待していきたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA