ピックアップ記事

あなたは知ってる?「アメトーーク! iPhone使いこなせてない芸人」で紹介されたSiriの凄ワザ8つ

siri

11月20日に放送された「アメトーーク! iPhone使いこなせてない芸人」では、iPhoneの基本的な操作方法からあっと驚く使い方など知っていそうで知らないiOS 10の新機能などが紹介されていた。

その内容の中で、賢くなった「Siri」についても紹介されていたのでご紹介。

1.Siri、「◯◯円を○人で割り勘して」

ametalk_siri_6

Siriが割り勘の金額を計算してくれるって知ってた方は少なかったのではないだろうか。金額と人数さえ伝えてしまえば、1人あたりの金額を教えてくれるというもの。

2.Siri、「○○ドルはいくら」

ametalk_siri_12

毎日、為替相場を調べて日本円を算出するのが億劫だと感じている方にはお勧めだ。日本円に直したいドル数を伝えるだけでYahoo!為替の情報を元に算出されたものが表示される。

3.Siri、「頭がいたい…」

ametalk_siri_5
ametalk_siri_


Siriに「頭が痛い」のように症状を伝えると「内科」「病院」「薬局」「内科診療所」など様々な候補を紹介してくれる。適当な項目を選択するとGPS(位置情報)を元に近くの病院等を紹介してくれるほか「緊急通報用番号に電話をかける」といった選択肢まで用意してくれる。

4.Siri、「この曲はなに?」

ametalk_siri_2

CMなどで流れている曲名やアーティスト名を調べたいときにはこれ。「Shazam」の機能を用いたもので、鼻歌などでも検索することが可能となっている。

5.Siri、「俳句詠んで」

ametalk_siri_11
ametalk_siri_13


Apple製品を絡めた俳句を詠んでくれる。それほど、実用的な機能ではないものの暇つぶしや話のネタとして知っておいてもそんは無いかも。

6.Siri、「早口言葉やって」

ametalk_siri_1
ametalk_siri_9


Siriに早口言葉をお願いすると様々なバリエーションの中から厳選したものを1つ披露してくれる。まれに間違えてしまう姿にもほっこり。

7.Siri、「ヒューマンビートボックス/ボイパやって」

ametalk_siri_10
ametalk_siri_3


俳句や早口言葉やってくれるならば、もしやあれも…?と勘の良い方なら気づいたかもしれないが、なんとヒューマンビートボックスもノリノリでやってくれる。ちなみに、「ボイパ」してでも対応してくれる。

8.Siri、「ものまねやって」

ametalk_siri_4
ametalk_siri_7


多彩な才能を発揮してくれるSiriは最近流行りのPPAPのものまねからとにかく明るい安村まで幅広く対応してくれる。まれに断られてしまう場合もあるが、めげずにお願いしてみよう!



話題のコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA