Apple、「AirMac」シリーズの開発を終了か?チームメンバーの部署を異動へ

 
airmac_express

AppleがWi-Fiルーター関連商品「AirMac」シリーズの開発を終了し、所属していたエンジニアをApple TVなどのチームに異動させていることがBloombergの報道により明らかとなった。

「AirMac Express」なども開発終了へ

AirMacシリーズは、2013年に発売されてからというもの新製品がリリースされていない状況となっている。現行ラインナップは、「AirMac Express」「AirMac Extreme」「AirMac Time Capsule」の3製品。

「AirMac Express」は99ドル、「AirMac Extreme」は199ドル、「AirMac Time Capsule」は299ドルとなっており、Apple製品のアクセサリーカテゴリにおける「その他」に分類されている。Apple TVとApple Watchも含まれている同カテゴリは、2016年度には総売上高の約5%にあたる111億ドルもの利益を上げている。

今回のルーター関連商品の開発終了に伴ってApple製品のエコシステムが低下する可能性も危惧されるものの、「LG UltraFine 5K Display」のようにサードパーティーと共同開発した製品を発表する可能性も充分に考えられるだけに今後の動向に注目していきたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA