「BeatsX」の発売は2017年に延期へ―「AirPods」までも更なる延期の可能性

 
beatsx

iPhone 7シリーズのヘッドホン端子廃止に伴い、Apple純正イヤホン「AirPods」が発表され、その独特なデザイン性とペアリングの即効性からユーザーの注目を集めている。その一方で、何らかの理由で発売が延期されるなど不測の事態から不満の声も上がっている。

同製品ではApple Watchに採用されている「W1チップ」を内蔵しているが、AppleとBeatsが共同開発した「BeatsX」にも採用されているが、同製品までも発売延期になっていることが明らかとなった。

「AirPods」までも更なる延期の可能性

「BeatsX」は、Apple傘下となったBeatsから2017年秋に発売される見込みであったワイヤレスイヤホンである。しかしながら、その後2016年後半へと発売が延期されたと思いきや、さらに2017年へと延期されていたとiをありがとうが報じている。

AirPodsにも搭載されているW1チップが同製品にも搭載されていることから同チップに何らかの問題が生じている可能性が高いと考えられる。どちらにせよ、この状態で行くとAirPodsまでも更なる延期を余儀なくされる可能性も少なくなさそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA