Apple元CEO、スティーブ・ジョブズ氏が送る良いCEOになるためのアドバイスとは

 
steve-jobs

皆さんは良い最高経営責任者(CEO)とは、どのような人物のことを指すのだとお思いだろうか。

ペプシコーラで知られるPepsiCoのインドラ・ヌーイCEOが、元Appleのスティーブ・ジョブズ氏からCEOについてのアドバイスを受けていたことを明らかにした。

ジョブズ氏「ヒステリー状態になれ」

CNBCでのインタビューによればヌーイ氏は、2006年のPepsiCoのCEO就任時に共通の友人が居たことを縁にAppleのオフィスにジョブズ氏が招き入れたとのこと。

ジョブズ氏は、2時間にもわたって多くを語ったよう。その中でも、最も重要なアドバイスとされているのが「気質を失え」というものであった。

ヌーイ氏は、「あなたが本当に周囲の人がしていることについて気に入らないと強く感じるのなら、気質を失っているように行動してください。物を投げなさい。周囲の人々は、あなたが強い感情を持っていることに気づく必要がある。」とジョブズ氏の言葉を振り返る。

のちに、ヌーイ氏はジョブズ氏と一緒に仕事をしていた代理店の担当者からキャンペーンや製品提案に対し納得のいかなかったジョブズ氏が、論文を部屋の向こう側に投げ捨て、徹夜で働かせたという話を聞いたことにより、その嫌悪感を与える影響を思い出したという。

ヌーイ氏はジョブズ氏のアドバイスを取り入れたことにより「私はそれまでとは異なり、思ったことを話すようになって、机をたたくようになった」とインスピレーションを受け変わっていった様子を語っている。そして、その結果について彼女は「効果的であり、私がしていることへの情熱を示すことができました」としている。

ジョブズ氏のアドバイス全てを取り入れる必要は無いかもしれないが、CEOとして成功する上で必要な人々の喜びに訴えかけることは間違いなくできるはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA