【全訳】大統領選の結果を受けAppleティム・クックCEOが全従業員宛てにメッセージ

 

世界中の注目が集まったアメリカ大統領選は、接戦の末ドナルド・トランプ氏が勝利する大波乱となった。これを受け、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は全従業員宛てにメッセージを発した。

LGBTや女性蔑視などマイノリティに対する攻撃的な発言

大統領選挙を勝ち抜いたドナルド・トランプ氏は、選挙期間中にLGBTや女性蔑視、移民、有色人種などのマイノリティに対して攻撃的な発言をして問題となっていた。Appleではティム・クックCEO自身がゲイであることを公にするなど多様性を重んじる企業であることからも、同社の方針とは一切交わることはないだろう。

また、トランプ氏は政策の一環としてApple製品をアメリカで製造させるようにするといった案を掲げていたほか、銃乱射事件によるiPhoneロック解除問題ではFBIの要求に応じないことに対して「何様のつもりだ」などと批判をするなどAppleに対する発言も目立っていた。

クックCEO「私たちは偉大な仕事をして世界をよくしていくために前に進んでいくしかない」

Appleの方針とは真っ向から異なるマイノリティに対する発言ならびに同社を標的とするような発言を行っているトランプ氏が勝利したことを受け、ティム・クックCEOが従業員を安心させるためにメッセージを送ったとBuzzFeed Newsが原文で公開している。

以下、意訳ではあるものの全訳したものである。

皆さんへ

私は多くの方々から大統領選挙についての話を聞きました。意見の大きく異なる両候補者が、かなり近い数の票を集めました。今回の結果に対して、多くの方々が強い感情を抱いたことでしょう。

私たちは、両候補者、それぞれの支持者を含めた非常に多様性に富んだ従業員チームです。皆さんが、どちらの候補者を支持していたとしても一緒に前進することが私たちが前進するための唯一の方法です。

私は、50年前のマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の言葉を思い出します。「あなたが飛べないなら、走りなさい。走れないなら、歩きなさい。歩けないなら、這って進みなさい」を。この言葉は時間を超越して、私たちが偉大な仕事をして世界をよくしていくためには前に進んでいくしかないことを想起させてくれます。

今後の不確かさについての議論はあるものの、皆さんはAppleの目指すものが決して変わることがないことに確信を持ってください。

私たちの製品は世界中の人々を繋ぎ、彼らの人生、さらには世界も変える偉大なことを成し遂げるために欠かすことのできないツールとなっています。

私たちの会社は全ての人々に対して開かれており、私たちはアメリカおよび世界中の仲間達の多様性を祝福します。皆さんが、どこから来た人で、どのような容姿であっても、どのような宗教を崇拝していようとも、彼らが大好きです。

私はいつも、Appleをひとつの大きな家族として見てきました。もしも、仲間が不安を感じているようであれば、手をさしのべてあげてください。

さあ、一緒に前進していきましょう。

それでは。

ティム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA