Apple初の完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」、発売時期を延期する見込みであることが判明

 
airpods

10月下旬に発売が予定されていた、Apple初の完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」であるが、発売日に間に合わない見通しとなっているようで発売時期を延期する予定であることが明らかとなった。

発売延期の理由は現段階では明らかにされず

Appleの広報担当者は「AirPodsに対する世間の評価はとてもいいものであった」と前置きをした上で「AirPodsの準備が整うまでは製品を出荷するつもりはない。顧客に届けるまで今しばらく時間が必要だ。」とコメントしているとのこと。

コメントを見て頂ければ分かるように、発売延期となった具体的な理由に関しては一切触れられておらず、今回の問題がソフトウェアにあるのかハードウェアによるものなのかまでは明らかとなっていない。プレス向けに配布されたAirPodsにおいても、想定外の不具合が生じたとの報告があるだけに10月中のリリースは難しくなったものの早期修正を望むばかりである。

AirPodsは、「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の発表と同時に発表したワイヤレスイヤホンで一部ではうどんとも呼ばれるなど斬新なデザイン性が注目を集めている。Apple独自の技術であるW1チップが搭載されていることから、iPhoneやMacをワンタップでペアリングすることができるなど利便性は格段に向上しているほか、高速充電にも対応しており15分の充電で3時間の稼働を実現している。

なお、延期後の発売予定日は現時点では明らかとされておらず,Apple公式サイトのAIrPodsの販売ページに記載されている販売予定日は「10月下旬発売」のままとなっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA