【iPhone】iCloudストレージのダウングレード(容量を減らす)方法

 
icloud

iOS 10およびmacOSより、同OS間での連携がiCloudサービスで一層便利となりストレージ容量の拡充を行ったユーザーも多いのではないだろうか。しかしながら、実際にストレージプランをアップグレードしたものの思ったよりも使用しておらず容量を減らしたいと考えている方もいるはずだ。

そこで今回は、iPhoneだけでiCloudのストレージプランをダウングレードする方法をご紹介。

iPhoneでiCloudの契約プランを変更する

1.「設定」>「iCLoud」>「容量」>「ストレージプランを変更」より「ダウングレードオプション」をタップ

icloud-storage_downgrade0

2.iTunes Storeにサインするよう求められるのでパスワードを入力し「OK」をタップ

icloud-storage_downgrade1

3.「無料」「50GB」「200GB」…と契約しているストレージプランより低いプランが表示されるので適当なものを選択

icloud-storage_downgrade2

4.ダウングレードの確認が求められるので「ダウングレード」をタップ

icloud-storage_downgrade3

なお、アップグレードから15日以内であればAppleサポートセンターに電話することによって差額分の返金を行ってくれる。ダウングレードの実施は、翌更新日となるためそれまでは契約中のストレージプランを利用することが可能だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA