ティム・クックCEO、クリントン陣営から副大統領候補にビル・ゲイツらと共に挙げられていたことが判明

 
timcook_clinton

なにかと世界の注目を集めている次期アメリカ大統領選で、トランプ氏とともに有力候補としてあげられているヒラリー・クリントン陣営が政権の副大統領候補としてAppleのティム・クックCEOを候補として挙げていたことが明らかとなった。

クリントン陣営の幹部メールがWikileaksに公開

今回、副大統領候補者が明らかとなった経緯としてはクリントン陣営の幹部であるジョン・ポデスタ氏のメールがWikileaksに公開されたことが起因している。

明らかにされたメールは、2016年3月17日付けのもので副大統領候補としてAppleのティム・クックCEOのほか、Microsoft共同創業者であるビル・ゲイツ氏、元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグなどの錚々たる顔ぶれが並んでいる。

クリントン候補とクックCEOはプライベートでもつながりが深く、今年8月にはAppleの環境部門責任者であるリサ・ジャクソン氏とともに同氏の選挙活動資金を集めることを目的としたイベントを個人的に開催している。

最終的には、このような豪華な面々から副大統領候補に選出されたのはティム・ケイン上院議員となっており、惜しくもクックCEOとはならなかった。そもそも、同氏が副大統領候補を受け入れる意志があったかも定かではない。

速報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA