Apple Store、防犯カメラおよびセキュリティケーブルを撤廃

 
apple-store

防犯カメラやセキュリティケーブルがないApple Storeがあったら貴方はどう思うだろうか。なんと、ロンドンのApple Storeではカスタマーエクスペリエンスの向上の一環として防犯カメラやセキュリティケーブルが一掃されているのだ。

普段使いのような感覚を体感して欲しい

applestore_regent-street

このような、革新的な取り組みをしたのはロンドンのApple Store「Regent Street」である。今回のリニューアルに対しAppleは、訪れたユーザーに対し実際にケースを装着したり、ポケットに入れる感覚を体感して欲しいためであると語ったそうだ。

ただ、実際に全ての監視カメラが無くなったかと言ったら答えは「NO」だろう。デバイスが盗まれる可能性は勿論のこと、強盗などの格好のまととなってしまう。そのようなことを防ぐためにも、ユーザーの目に付きづらい場所に配置されている可能性が高いと言える。万が一、盗まれた際にもiPhoneを探すなどでロックするすることにより使用不能とされてしまうはずだ。

ロンドンでこのような試みができるのであれば、治安が良い国として知られている日本でも施行されてもいいはずであるが。その日は訪れるのだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA